スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

月  光  陣

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
   

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
霊界もこの世も、全ては、大宇宙の創造主(超宇宙意識)の「念」が凝集してできています。
 
 
念が凝集され、物質化したものが「素粒子」です。ウランであっても、水であっても、全ての物質は、素粒子の配置によって様々なエネルギーが放射されています。
 
 
五芒星 や 六芒星 が発する霊的なエネルギーも、集合した素粒子の配置によって生まれているのです。
 
 
この絵は、絵を鑑賞した人が異次元パワーを浴び、慈悲、智慧、創造性、カリスマ性などが開花されることを願い描きました。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
宇宙の全ての存在には魂が宿っています。
 
 
いえ、魂というより意識、あるいは意識エネルギーといった方がしっくり来るかもしれません。
 
 
欧米の 量子力学 の一部では、
 
 
「宇宙は意識を持っている。
 
 人間や動物の意識というのは、
 
 宇宙の意識の局所化された部分ではないのか。
 
 いや、宇宙が意識を持っているというのは順序が逆であって、
 
 人智を超えた巨大な意識が、
 
 表現形態の一環として物質宇宙を創ったのではないか」
 
 
とし、霊界の研究が始まっています。
 
 
「最先端の物理学が霊界のことを研究しているのですか?」
 
 
と皆さんは驚かれてしまうでしょう。
 
 
確かに、「神」「人間霊」「霊界」、これは宗教用語ですが、これを量子力学的にいえば、「宇宙意識(神)」「宇宙意識が分散して個性化した小意識(人間霊)」「霊界(多次元宇宙)」のことを指します。
 
 
この研究は、素粒子が何もない空間からこつ然と現れ、そしてまた、こつ然と消えていく事実が発見されて依頼、重要視されているようです。
 
 
つまり、数学や物理学で理論上存在する四次元以降の世界から意識エネルギーが三次元世界に供給され、それが物質化した際に、初めて素粒子が形成されるのではないかという仮説です。
 
 
物質化した素粒子がこつ然と消える現象は、素粒子が物質以前の意識エネルギーに分散し、四次元以降の世界に還元されているということなのです。
 
 
そして、宇宙の全ての存在は、個別バラバラに存在しているのではなく、核となる宇宙意識から枝分かれして繋がっている、「個」であり「全体」である、「宇宙樹」のような存在であることが推測されています(葉は個別の存在でありながら、宇宙樹の一部でもある、複合生命体であるということ)。
 
 
この、四次元以降で全ての存在が繋がっている「ワームホール」を利用すれば、光の速度を遥かに超えることができ、銀河から銀河に移動する「ワープ航法」を行うことができるようになります。
 
 
ですから、量子力学者の一部では、「霊界の探求=ワープ航法への道」とし、研究が始まっているのです。
 
 
科学が発展していなく宗教が全盛だった時代、こういった四次元以降の意識エネルギーを召喚するために用いられたのが、錬金術 で使う「魔法陣」や、陰陽師 で使う「五芒星」のようです。