スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

金 剛 亀

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
   

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
金剛亀は宇宙の富を引き寄せる神獣で、富とシンクロする力は「玄武(げんぶ)」を上回るそうです。
 
 
富とは、「お金」「知恵」「人材」を表します。玄武との違いは、身体が黄金でできていること。金剛石がちりばめられた黄金の「尾羽」がついている点です。
 
 
風水には「龍亀(ロングイ)」という、頭が龍で、体が亀の神話上の生物が存在しますが、金剛亀はそのルーツに当たるのかもしれません。
 
 
この絵はズバリ、「富を引き寄せるエネルギー」と、成功、発展、繁栄、出世、強さ、勝利、守護神、悪霊撃退のエネルギーを込めました。
 
 
金剛亀とシンクロすることは難しく、「自分の繁栄が世の中の繁栄に繋がる!」という強い意志を持ち続けることが必須です。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
最近私は、
 

 
「社会的影響力においても、経済力においても、飛躍的に発展できますように」

 
 
という思いが日増しに強くなりましたので、絵画『玄武』を描き終えた頃、繁栄の神「大国主神」の祈願を受けました。
 
 
すると、意外なインスピレーションが降りて来ました。
 
 

「玄武を描いたそうだね。
 
 
 それでは次に黄金の亀を描いてみなさい。
 
 
 黄金の亀は、宇宙に満ちている富のエネルギーを引き寄せる神獣です。
 
 
 人間界における富とは、お金、知恵、人材です。
 
 
 富を引き寄せる神獣の姿を美しくリアルに描くことができたなら、
 
 
 その絵は、富のエネルギーを引き寄せる異次元ゲートとなり、
 
 
 絵にシンクロできた人は奇蹟を体験することになるでしょう」
 
 

これが大国主神からのインスピレーションかどうかは、私は霊能者ではないので分からないのですが、脳裏に浮かんだ金剛亀(こんごうき)の姿がとても美しかったので、それを描くことにしました。
 
 
 

 
 
 
そして私が、
 
 

「黄金玄武(おうごん げんぶ)を描けば宜しいのですね」

 
 
と心の中で問いますと、次のインスピレーションが降りて来ました。
  
 

「いえ、違います。
 
 
 黄金の亀は、玄武(げんぶ)ではありません。
 
 
 玄武のルーツはレプタリアンですが、黄金の亀はルーツが異なっており、
 
 
 玄武を超える存在です。
 
 
 絵画のタイトルは、『金剛亀(こんごうき)』にするとよいでしょう」
 
 

ということで、黄金玄武(おうごん げんぶ)ならぬ金剛亀(こんごうき)描いたのですが、完成と同時に再びインスピレーションが降りて来ました。
 
 
 
「尾が違います。
 
 
 金剛亀は玄武と異なり、金運を呼ぶ尾羽を持っています。
 
 
 この尾羽を描かなければ、
 
 
 富のエネルギーとシンクロすることはできません」
 
 
 
ということで、金剛亀を描き直したのですが、絵のグレードがかなりアップしましたので、玄武も金剛亀の絵をベースにして、もう一度描き直しました。
 
 
 

 
 
 
金剛亀と玄武は、3ヶ月もかかってしまいました。
 
 
その後、金剛亀について興味を持った私は色々調べてみたのですが、「金剛亀(こんごうき)」という名前は、玄武(げんぶ)と違って、正式には存在しませんでした。
 
 
ただ、風水で「龍亀(ロングイ)」という頭が龍で、体が亀の神話上の生物が存在しました。
 
 
 

 
 
 
龍亀(ロングイ)は、金運を呼ぶ神獣だそうです。
 
 
宇宙の富を引き寄せる神獣「金剛亀」は、「龍亀(ロングイ)」と関係があるのかもしれません。