スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

太陽の王国2

 
 
 
 
 
 
『太陽の王国2』は、白額と黒額、お好きな方を選べます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『太陽の王国2』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
絵の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
日出ずる国「日本」。
 
 
霊峰富士より上昇する火の鳥「朱雀」は、太陽神に守られ繁栄していく日本を表しています。
 
 
この絵は、成功、成長、発展、繁栄、情熱、強さ、勝利、出世、気高さ、崇高さ、調和、平和のエネルギーを込めました。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



日本、にほん、にっぽん、ひのもと、様々な呼び方がありますが、一説によりますと、この語源は古代の日本が太陽信仰にあったことから来ているそうです。
 
 
その頃の人々は、日本のことを「やまと」、「やまとの国」と呼んでいました。
 
 
日本で太陽信仰を説かれていた方は、天照大神(あまてらすおおみかみ)です。
 
 
天照さまは、現在象徴神のように言い伝えられておりますが、実際はイエスさまのように実在した人物で、神の法を伝える預言者のひとりであったようです。
 
 
現在イエスさまは、二千年前の実在の人物として伝わっておりますが、歴史上預言者が帰天されてから四千年ほど経過すると、天上世界の神話として伝わっていくようです。
 
 
日本の八百万の神々がそうですし、ギリシャ神話やエジプト神話の神々がその典型です。
 
 
その証拠に、世界中に残されている文献を各神話ごとに分けて研究するのではなく、グローバルに研究していきますと、神話が史実の変型であったり、異なった宗教の神々が呼び名が変型した同一神である可能性が指摘されています。
 
 
また一説によりますと、太陽信仰の源流は、今から1万7千年前、大平洋に存在した ムー文明において、王「ラ・ムー」の説いた教えにあると言われています。
 
 
今から約1万5千年前にムー大陸が海中に没したときに逃れた人々が、アトランティス、日本、ベトナム、中国、プレ・インカ等に逃れて、その教えを伝承していったと言われています。
 
 
そのため世界には太陽神を信仰する宗教が多く、太陽を象徴する聖なる花として、ロータス(蓮華模様)やロゼット(バラ花形)が、インド、ギリシャ、エジプト、アッシリア、ペルシャ、そして、日本などで、紋章として使われています。
 
 
特にロゼットは、太陽の光状を象徴したものと解釈されており、中央から放射状に広がる円形装飾は、みなロゼットと呼ばれています。
 
 
日本の皇室の菊の紋章は、ロゼット模様です。
 
 
仏教の大輪の蓮の華はロータス模様であり、ロゼット模様でもあります。
 
 
そして、太陽信仰の源流の地、ム-文明の国花は蓮の華でした。