スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界(エネルギーアート)

 
 
 
 

アセンション・モニュメント

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 
2012年は、5月21日(月)に金環日食が起こり、その翌日、東京スカイツリーがオープンし、6月6日(水)に、「ヴィーナストランシット」が起こりました。
 
 
ヴィーナストランシットとは、100数十年に1回、8年間かけて地球と金星が5箇所で直列する現象で、その軌跡が正確に「五芒星(悪魔封じの紋章)」を描くものです。
 
 
前回のヴィーナストランシットでは、直前に明治維新が成就しています。
 
 
この絵画に込めたエネルギーは、「精神科学文明(宗教と科学が融合した理想郷)の成就」です。
 
 
地球維新が成功し、平和裏に宇宙人との外交が行われている理想の未来を表しています。
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
絵画『アセンション・モニュメント』の前身、絵画『愛無限』のインスピレーションは、2011年の5月に降りて来ました。
 
 
 
「2012年・マヤの人類滅亡の予言を崩壊させることが天上界の神々の使命であり、地上に降りた目覚めたる者たちの使命です。
 
 
 恐怖の予言の運命の修正をし、理想の精神科学文明が地球に到来する誓願を込めた絵画のインスピレーションを送ります。
 
 
 私たちは、何としても日本に武士道精神を復活させ、世界の自由主義国家と連携させて、平和のための抑止力になってもらいたいと思っています。
 
 
 2012年にオープンする東京スカツリーを人類滅亡への序章モニュメントにするのではなく、後世において、精神科学文明への序章となったモニュメントと呼ばれるような地球維新を起こしましょう!」
 
 
 
絵画『愛無限』では、神仏が放射する「愛の光」で、あたかも金環日食のように光り輝く、黄金リングに包まれた地球を描きました。
 
 
 

 
 
 
それは、精神科学文明への黎明を表しています。
 
 
そして、絵画『アセンション・モニュメント』では、次元上昇の記念碑に認定された未来の東京スカイツリーを描いています。
 
 
2011年の5月にインスピレーションが降りて来た際、私は金環日食についても、東京スカイツリーのオープンの日についても、まったく知らなかったのですが、2012年の5月21日(月)に金環日食が起こり、その翌日の5月22日(火)に東京スカイツリーがオープンし、その後、6月6日(水)に、「金星の日面通過(ヴィーナストランシット)」が起こりました。
 
 
「ヴィーナストランシット」とは、100数十年に1回、8年間かけて地球と金星が5箇所で直列する現象で、その軌跡が、正確に「五芒星(悪魔封じの紋章)」を描くものです。
 
 
参考・天空の魔法陣「ヴィーナストランジット」(説明図付きなので理解しやすいです。)
 
 
121年前の「ヴィーナストランシット」で作られた「五芒星」は、逆さまの「五芒星」でした。
 
 
 

 
 
 
日本では、その直前に明治維新が起こっています。
 
 
そして、2012年6月6日(水)の「ヴィーナストランシット」で作られた五芒星は、正位置の五芒星。
 
 
 

 
 
 
現代では、精神科学文明の建設のために地球維新が進行中です。
 
 
 

 
 
 
2012年が精神科学文明への序章の年となりますよう、お祈り申し上げます。(_ 人 _)