スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

Faith

 
 
 
 
 
『Faith』は、白額と黒額、お好きな方を選べます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『Faith』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
絵の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。

 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
地球を覆うVサインの翼。


それは、アセンションした地球の文明が宇宙に繁栄していくさまを表しています。


中央の光は大宇宙の創造主(超宇宙意識)を象徴し、そのまわりは地球の神々を表しています。


この絵は、慈悲、叡智、永遠、勝利、成功、発展、繁栄、大団円、精神科学文明の到来、宇宙文明の到来、善良な宇宙人との交流、邪悪な宇宙人への結界、悪魔撃退、悪霊撃退のエネルギーを込めました。



注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
   
 

スピリチュアル・レポート

 
 
  
日本ではほとんど扱われることはないのですが、2009年あたりから世界中でUFOの出現が相次ぎ、海外の多くのメディアが報道しています。
 
 
参考・レポート「湯島天神での講演(3)」
 
 
特に2010年に中国が軍事パレードを行い、世界に軍拡をアピールしてからは、中国に出現するUFOの数が異常なほど多くなりました。
 
 
 
You Tube「検証:中国軍事パレード」

 
 
 
なぜ、急にUFOの出現が多くなったのかと申しますと、現在の地球が、アトランティス 滅亡時の唯物論科学万能の時代に酷似してきたため、様々な宇宙人が、
 
 
 
地球の至高神(しこうしん)が、再び地球人に科学という諸刃の剣を与えた。
 
 今度こそ地球は、宗教と科学が融合した精神科学文明に至ることができるのか。
 
 それともアトランティスの二の舞を犯し、戦争を起こして滅亡に至るのか?」
 
 
 
と心配し、警告として、敢えて目立つ行動をとり始めているからです。
 
 
ちなみに至高神(しこうしん)が発案した地球ユートピア化計画は、下記のようになっています。
 
 
 
様々な惑星から宇宙人を招来し、地球を人種の坩堝とさせる
 
 
その結果、各民族が多様な価値観を持つことになる
 
 
各民族は、独特の価値観を通して発展していく
 
 
異なった肉体、異なった思想であるために、文明同士が接触する際は戦争が起こりがち
 
 
こういった状況の中で、各民族が多様な価値観を認め、融和していくことができるか?
 
 
この課題の意図は、宇宙の二大原理、進歩と調和の双方を会得することにある
 
 
 
こういった霊的な背景があるゆえ、地上で様々な宗教や思想が対立し紛争が絶えないのでありますが、同時に天上界でも戦神(いくさがみ)が存在し、地上の戦争を指導し、どの宗教や思想が人類を進化させるのか文明実験を行っているのが地球の現状なのです。
 
 
実は、宇宙には、
 
 
 
1、進化を第一義の重要事項とする神々
 
 
2、調和を第一義の重要事項とする神々
 
 
3、進化と調和の融合を第一義の重要事項とする神々
 
 
 
大まかにいいますと、この三種が存在します。
 
 
こういった神々が、自身の惑星の人類を率いて地球に帰化しているため、地球には多様な民族が存在し、覇を競っています。
 
 
しかし、至高神(地球の神々のリーダー)は、3番目の、進化と調和の融合を第一義の重要事項とする神でありますので、敢えて地球を思想と人種の坩堝とさせているようです。
 
 
なぜなら、
 
 
3、進化と調和の融合を第一義の重要事項とする神々
 
 
これこそが、大宇宙の創造主「超宇宙意識」が目指す、理想の教育法であるからでしょう。
 
 
ですから、
 
 
 
1、進化を第一義の重要事項とする神々
 
 
2、調和を第一義の重要事項とする神々
 
 
 
が、3番目の「進化と調和の融合」という宇宙の理法を習得できるか、こういった壮大な魂修行が地球において行われているのです。
 
 
ちなみに、
 
 
1、進化を第一義の重要事項
 
 
とする神々の勢力が増しますと、紛争や戦争が起こる可能性が大となります。
 
 
この場合、神々や人類の魂修行のメリットとしては、「命の危機がある厳しい環境の中で、正義、勇気、忍耐、愛、寛容さ等を学べた魂は、より上位の人格神に進化できる」という面があります。
 
 
デメリットとしては、そういった高度な概念を魂に刻印することができず、逆に、
 
 
「恨み、憎しみ、恐怖心、臆病等々…」
 
 
こういった精神を魂に刻印する可能性があることです。
 
 
ちなみに、有名な戦神(いくさがみ)は、
 
 
 
古代シュメールの破壊神エンリル
 
 
七大天使の長ミカエル(魔軍掃討の長とも言われています。)
 
 
日本神道のスサノオノミコト
 
 
 
等がいらっしゃいます。
 
 
やはり、世界の宗教の歴史を素直に拝見する限り、戦(いくさ)を通して、思想の優劣を計ろうとする神々が存在することは、間違いないと思われます。
 
 
次の面ですが、
 
 
2、調和を第一義の重要事項
 
 
とする神々の勢力が増しますと、平和が続くというメリットがあるのですが、デメリットとしては、人類がぬるま湯的安泰に麻痺してしまい、努力精進を怠る風潮が蔓延し、精神的に退化してしまう可能性があります。
 
 
その証拠に、
 
 
レポート「アバター『青い狐』星人」
 
 
で説明致しましたように、宇宙には進化を嫌い、ただただ調和的に生きようとする宇宙人がたくさんいらっしゃいますが、そういった惑星にレプタリアンのように獰猛な宇宙人の介入がありますと、あっという間に滅ぼされてしまいます。
 
 
このように、「進化を愛する文明」と「調和を愛する文明」との接触があり、宇宙では数多くの興亡が繰り返されているのですが、こういった悲劇的な経験をしても、進化と調和の融合を学ぶことができれば、大宇宙の創造主「超宇宙意識」の持つ多様的精神に近づくことができますので、異なった文明の衝突は、結構宇宙の随所で行われているようです。
 
 
そう言う意味では、
 
 
様々な民族が存在し、様々な思想や宗教が存在し、多様な価値観を認めながら、各民族が進化し、地球全土で調和するという修行を何億年もしている地球という惑星は、ある意味、宇宙の縮図であり珍しい惑星です。
 
 
ですから、地球への移民を希望する宇宙人は、多いのでしょう。