スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界(エネルギーアート)

 
 
   

玄 武

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

絵画に込め作者の念い(たエネルギー)

 
 
 
玄武は亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多く、亀は長寿に、蛇は商売繁盛に重んじられています。(当絵画のように尾が蛇となっている場合もあります。)
 
 
この絵は、長寿、商売繁盛、発展、繁栄、出世、強さ、勝利、守護神、悪霊撃退のエネルギーを込めました。
 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
玄武とは、中国の神話に登場する、世界の四方向を守る神獣「四神(しじん)」の一柱です。
 
 
 
ドラマ「太王四神記」より

 

 
 
 
東の守護神「青龍(せいりゅう)」
 

 
 
 
南の守護神「朱雀(すざく)」
 

 
 
 
西の守護神「白虎(びゃっこ)」
 

 
 
 
北の守護神「玄武(げんぶ)」
 

 
 
 
京都には「玄武神社」がありますが、この神社は、まさに京都の北方に位置していて、王城(平安京)北面の鎮護神として祭られています。
 
 
玄武は、下記のように亀に蛇が巻き付いた形で描かれることが多く、(当絵画のように尾が蛇となっている場合もあります。)
 
 
 

 
 
 
「亀」は長寿に、「蛇」は商売繁盛に重んじられています。
 
 
 
 


 

 

 
色々研究してみましたが、どうも四神(しじん)は、太古には実在していたようです。
 
 
宇宙人関連のスピリチュアル・レポートで何度も紹介しましたが、地球人のほとんどは、地球産の魂ではなく、様々な惑星から地球に魂修行をしに移民して来た宇宙人です。
 
 
参考・レポート「宇宙人について」
 
 
帰化した宇宙人は、当然ヒューマノイド系ばかりではなく、スフィンクス、ケンタウロス、人魚、狼男などの「半人半獣型」や、世界のあちこちで伝説になっているドラゴンや龍などの「恐竜型」…
 
 
仮面ライダーは存在しないとは思いますが(^^;、「昆虫型」、鬼、河童、天狗、など、現代では妖怪と称されている「妖怪型」などが存在したようです。
 
 
ちなみに、ヒューマノイド系の宇宙人の中には、天使の姿にそっくりな、美しい翼を生やした「天使型 宇宙人」もいたそうです。
 
 
参考・レポート「性同一性障害(4)」第十七章「衝撃の真実?! 古代の人類」
 
 
参考・レポート「地球を調査する宇宙人達」
 
 
彼らは、地球に帰化して暫くの間(数千年?)は、宇宙人としての肉体で魂修行をしているのですが、何度も転生輪廻を繰り返すうちに、ほとんどが人類型の肉体に移行して、宇宙人としての肉体を維持している人は、どんどん少なっていきました。
 
 
今から1万数千年前のアトランティス文明には、そのような姿をした宇宙人がかなり存在したそうですが、アトランティスが海没してからは、ほとんど絶滅してしまい、現在生きているとしても数が少ないので、発見されることはほとんどないそうです。
 
 
たぶん、地上で生き残っている動物型宇宙人は皆無でしょう。生存しているとしたら、海でしょうか。(人魚は、まだ数百人は生存しているという説があります。)
 
 
また霊界には、天候を操る「龍神」という存在がいらっしゃいますが、数千年前までは、龍神は「海龍」として生まれ変わっていたようです。
 
 
かつて、海龍たちは世界中の海で姿を現し、航海する人々の目を驚かしていたといわれています。
 
 
驚くべきことに、2600年前のギリシャの哲学者アリストテレスが『動物史』の中で、リビア沖に無数の大海蛇が現れ、軍艦に襲いかかった事件を書き残しています。 
 
 
参考・ウィキペディア「シーサーペント(大海蛇)」
 
 
そして、更に詳しく調べたところ、どうも「四神(しじん)」は、地球に帰化した猛獣型の宇宙人で、元「レプタリアン」だったようです。
 
 
よくまあ、レプタリアンが地球に帰化する気になったものだと驚いてしまいますが、レプタリアンの中には、弱肉強食を正義とするゼータ星(レプタリアンの主流星)の神の思想に辟易し、慈悲と智慧をモットーとする「地球神」の思想に感化され、地球を守る守護神となるべく、帰依する者も少なくないそうです。
 
 
で、「玄武(げんぶ)」ですが、
 
 
 

 
 
 
起源は、草食系のレプタリアンのようです。(魚は食べるそうです…(^^;)
 
 
 

 

 
 
 
力が強い者は、霊界で玄武(げんぶ)の姿となって、守護神としての使命を遂行しており、さほど力が強くない者は、霊界で河童の姿となり、天上界のうら側「妖怪の世界」で暮らしているといわれています。
 
 
 

 
 
 
とまあ、スピリチュアル思想界には、このような説があるのですが、言われてみれば確かに、亀と河童はよく似た姿をしていますよね。(^^)