スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

青 龍

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 
この絵は、成功、発展、繁栄、跳躍、出世、強さ、勝利、守護神、悪霊撃退のエネルギーを込めました。
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
世界には様々な龍の伝説があります。
 
 
このスピリチュアル・レポートでは、4体の龍神を紹介しましょう。
 
 
 
 


 

 
 
 

1、青龍

 
 
 
道教では、四海を治める「四竜(しりゅう)」が存在すると伝えています。
 
 
それは、
 
 
 
東の青竜(せいりゅう)
 
 
南の赤竜(せきりゅう)
 
 
西の白竜(はくりゅう)
 
 
北の黒竜(こくりゅう)
 
 
 
です。
 
 
青龍は、その名前から青い色をしていると受け取られがちですが、実際は緑色の龍だそうです。
 
 
その理由は、古代の日本語には、青と緑は明確な線引きがなかったからです。
 
 
たとえば、「青々とした草原」という表現がありますが、青は緑を表すことも多かったのです。(ちなみに、「青々とした草原」を英語に翻訳すると「a lush green field」となります。)
 
 
また青龍は、四神(しじん)のひとりでもあります。
 
 
 
四神(しじん)とは、天の4つの方角を司る、
 
 
 
東の青竜(せいりゅう)
 
 
南の朱雀(すざく)
 
 
西の白虎(びゃっこ)
 
 
北の玄武(げんぶ)
 
 
 
という神獣です。
 
 
平安後期の説話集『今昔物語集』には、聖徳太子の魂が青龍(せいりゅう)に乗って中国に渡り、仏教の経典を取って来たという話があります。
 
 
 
 


 

 
 

 
 

2、ナーガ

 
 
 
インド神話に起源を持つ蛇神です。
 
 
上半身は、頭頂に5匹の蛇を飾る人間の姿をしており、下半身はコブラの姿をしています。
 
 
国によって様々なバージョンがあるようです。
 
 
 
 


 
 

 
 

3、八大竜王(はちだいりゅうおう)

 
 
 
法華経に登場する仏法を守護する竜です。
 
 
その多くが、元はインド神話のナーガの王(ナーガラージャ)でした。
 
 
天候を操る力を持ち、怒ると日照りが続き、なだめられると雨を降らすと言われています。
 
 
 
 


 
 

 
 

4、ドラゴン

 
 
 
西洋のドラゴンは、 東洋の竜とは容相が異なり、恐竜のような姿をしています。
 
 
また、東洋の竜は神獣として崇められているように、霊的な存在を示唆する伝説が多いのですが、西洋のドラゴン伝説は巨大生物を思わせるものが多いです。
 
 
今から数百万年前、あるいはもっと以前において、スフィンクスやケンタウロスのような半人半獣型人類が存在したという説があります。
 
 
ドラゴン伝説は、人類が知性を持った巨大生物と遭遇した時代の話が神話化したものなのかもしれません。
 
 
ちなみに、巨大な海竜が姿を現し航海する人々の目を驚かしていたという伝説が世界のあちこちにありますが、どうやらこれは実際にあった事件のようです。
 
 
その証拠に、2600年前ギリシャの哲学者アリストテレスは、『動物誌』の中で、リビア沖に無数の大海蛇が現れ軍艦に襲いかかった事件を書き残しています。(海竜は、大きいものですと、全長40mを超えていたと言われています。)
 
 
このように、竜もドラゴンも善悪があり、神の使いとして讃えられているものと、悪の化身として恐れられているものが存在します。(ヨハネの黙示録に登場するドラゴンは、悪魔の化身とされています。)
 
 
竜を描く場合、三本指、四本指、五本指の竜 が存在しますが、五本指の竜は、最高位の竜とされ、中国の皇帝しか使うことが出来なかったそうです。
 
 
絵画『金剛龍王』は、大宇宙の創造主(超宇宙意識)が作った宇宙の法を護持する宇宙最強の守護神です。