スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
   
 

ヴィーナスの神殿・天界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。


『ヴィーナスの神殿・天界』のポストカードは販売しておりませんが、
 
 
旧作『ローズ・キャッスル(下記の画像)』のポストカードは販売しています。
 
 
 

 
 
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
ヴィーナスの神殿は、天上界の女神達が集まる神殿です。
 
 
神殿のデザインは、美の女神アフロディーテのシンボル「薔薇」 を象徴しています。
 
 
この絵画には、縁結び、良縁、恋愛成就、幸せな結婚、安産、美、美の女神、女神の波動、神秘、調和、平和、華麗、清らかさ、柔和さ、優しさのエネルギーを込めて描きました。
 
 
日々ヴィーナスの神殿を鑑賞することにより、心の平安を維持できるようになった人は、天上界の女神達と良きご縁ができるでしょう。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



天空に輝く女神の神殿『ヴィーナスの神殿・天界』。
 
 
その全貌は、美の女神アフロディーテのシンボル「薔薇」 を象徴しています。
 
 
金星(ビーナス)は地球から見ると、天球上に8年周期で「五芒星(ペンタグラム)」の形を描き、元の位置に戻ります。
 
 
これを発見した古代ギリシャ人は、金星を象徴する女神「アフロディーテ」に敬意を表し、オリンピックの開催を決めたと言われています。
 
 
また、近代のオリンピックが始まった際、オリンピックのシンボルマークは五芒星に決まりかけていたのですが、近代五輪の父・クーベルタン男爵の意向で現代の五輪のマークに落ちついたと伝えられています。
 
 
そのためアメリカでは、
 
 
「古代のオリンピックは、ゼウス神に捧げられたものなのか?
 
 それとも美の女神アフロディーテに捧げられたものなのか?」
 
 
という論争が起きたそうです。
 
 
現在五芒星といえば魔よけによく使われるマークですが、古代のギリシャでは、美の女神アフロディーテを象徴していたのですね。
 
 
 

 
 
 
 

たしかに、今回絵画を描く際に薔薇をデッサンしたのですが、薔薇の花びらの下についている萼(がく)は、まさに五芒星でした。
 
 
 

 
 

 
ここで面白いニュースがあります。
 
 
ギリシャのクレタ島に建てられたシミ神殿の遺跡から、20世紀末にヘルメスとアフロディーテの像が一緒に発掘されたのです。
 
 
どうやら、紀元前2000年頃から紀元後300年頃まで、この地では、ヘルメス神と女神アフロディーテを夫婦としてたたえ、神事を行っていたようなのです。
 
 
現在伝わっているギリシャ神話では、ヘルメスはゼウスの息子であり、アフロディーテと夫婦であったという話は残っていません。
 
 
しかし、実際にギリシャで発掘された遺跡から推察するに、ふたりは、仏陀やキリストのように実在した人物で、当時救世主として偉業を成し遂げ、その後神として何千年もの間祭られていたのではないかという説が浮上しています。
 
 
また、興味深いことにヘルメスはエジプトでも神さまとして祭られていますが、ギリシャ神話の神さまで、エジプトでも祭られているのは、ヘルメスだけなのです。
 
 
このヘルメスという神さまが、現在も欧米で有名な理由は、『ヘルメス文書』という碑文が発掘されていることによります。
 
 
ヘルメス文書は、神秘思想と合理思想、つまり相反する思想がみごとに融合されていたため、宗教的な面では、キリスト教に大きな影響を与え、科学的な面では、占星術や錬金術を大きく発達させました。(有名な「引き寄せの法則」は、ヘルメス文書のひとつ『エメラルド・タブレット』に記述されています。)
 
 
そして、
 
 
地動説を唱えたコペルニクス
 
 
神学者で生理学者の セルベトゥス
 
 
天文学者の ケプラー
 
 
磁気による引力論を唱えた ギルバート
 
 
微積分をあみ出した ライプニッツ
 
 
科学者 ニュートン
 
 
等に広く影響を及ぼし、近代のヨーロッパ文明に、巨大な影響を与えています。
 
 
参考・絵画『太陽の都』
 
 
ここで、さらに驚くべき文献が発見されています。
 
 
密教のある経典には「ヘルメスは仏陀と同じ存在」と書かれているのです。
 
 
参考文献:『神話・伝承辞典』大修館書店
 
 
分かりやすく言いますと、
 
 
「ヘルメスはギリシャで救世主として活躍し、
 
 帰天されてから数千年後、インドに仏陀として生まれかわった」
 
 
ということになります。
 
 
さらにフランスの 天文学者 バイイ は、
 
 
「古代民族にとって、ヘルメス神と仏陀は同じ魂だと見られていた」
 
 
と著書で述べています。
 
 
非常に興味深い説です。
 
 
19世紀のフランスの アラン・カルデック 等の霊言現象による スピリティズム(霊実在主義) 以来、
 
 
「神々も人間と同じように転生輪廻を繰り返し、姿と名前を変え、未来永劫、人類を導き続けている」
 
 
という説が重要視されるようになってきていますが、この説が真実であるならば、古来より世界中で行われている宗教戦争は、真の意味で愚かな行為ということになります。
 
 
過去世で自分が信仰していたかもしれない神や仏を悪魔と決めつけて裁こうとしているのですから…
 
 
 


 

 
 
 

五芒星(ペンタグラム)と五角形(ペンタゴン)

 

 
「ピタゴラスの定理」で有名な ピタゴラス は、
 
 
「大宇宙は数の神秘に支配され、調和を保っている」
 
 
と信じ、「ピタゴラス教団」を結成しました。
 
 
ピタゴラス教団のシンボルマークは、「五芒星(ペンタグラム」と「五角形(ペンタゴン)」でデザインされています。
 
 
この五芒星(ペンタグラム)と五角形(ペンタゴン)は、同じ関係にあって、幾何学の中心的存在です。
 
 
 

 
 
 
カバラの「数秘術」によりますと、5という数字は、調和と正義を表わすといわれています。
 
 
調和と正義を具象化したものは、本来人間のあるべき姿であるということから、5は人間そのものを表わす数字であるとも考えられていました。
 
 
また人間の体は、頭・両腕・胴体・両足の5体で形成されているところから、5は両手両足を伸ばしている人間の姿であるとも考えられていました。