スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界(エネルギーアート)

 
 
 
 

金剛龍王・喝!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

高級 C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
 

6号(額代、送料込み)

 225,000円(本体価格)
 243,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が810ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 500,000円(本体価格)
 540,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで要相談承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
黄金の龍「黄龍(こうりゅう)」は、天の四つの方角を司る四神(しじん)の中央に座す龍の長です。
 
 
古代の中国では、皇帝の権威を象徴する龍とされていました。
 
 
絵画『金剛龍王』に描かれている龍は、黄龍(こうりゅう)を超える、仏法を護持する宇宙最強の龍です。
 
 
この絵画は、成功、発展、繁栄、跳躍、出世、最強、勝利、守護神、悪霊撃退、悪魔撃退、反地球派宇宙人撃退のエネルギーを込めました。
 
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
 

 
 
 
 
 
金剛龍王は、宇宙の仏法(神法)を護持する守護神。
 
 
神さまのために働く人、世界をよくするために働く人を守護するのが仕事です。
 
 
絵画『金剛龍王・繁栄』と『金剛龍王・喝!』に込めたエネルギーは内容はほぼ同じですが、両者の違いは何かというと、
 
 
「この者は、見所がある。鍛えれば、世界のために良き仕事をするだろう」
 
 
と金剛龍王や天使が認めた場合、絵画『金剛龍王・喝!』を所持している人物がプロの神仏の使徒となれるよう、本格的に厳しい指導が入ります。
 
 
↑ というインスピレーションを頂いています。
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
では、神さまや天使や守護霊とインスピレーションを通してヒントをもらえるようになるにはどうすれば良いのでしょうか?
 
 
下記にその方法を書きましょう。
 
 
 

自分は神さま、天使、守護霊と繋がっていることを信じること。
 
 
 
祈りを通して神さまや天使や守護霊に質問をする場合、目の前に彼らが座していると信じて質問をすること。
 
 
 
自分で質問した上で、徹底的にその質問に対して、自問自答すること。
 
 
 
沈思黙考すること。最低でも、30分はすること。
 
 
 
脳裏に答えやヒントが浮かんだときは、それが彼らからの返信である場合が多いので、きちんと感謝の思いを伝えること。
 
 
 
 
これを繰り返していると、脳裏にインスピレーションが浮かぶというケースが増えてきますが、全てのインスピレーションを信じて、安易に行動するのは危険です。
 
 
なぜなら、インスピレーションの中には妄想もあるし、自分の心の中に、嫉妬や怒りや焦りなど、負の思いが蔓延していると、神さまや天使や守護霊ではなく、悪霊と繋がってインスピレーションが降りてくることがあるからです。
 
 
ですから、祈りを通してインスピレーションを得た人は、常に理性と知性を通して、その内容を吟味し、自分の責任のもとに判断し、行動する習慣をつけることが肝要です。
 
 
そして、ほんの小さなことでも、答えが返ってきたと思えたり、奇跡が起きたと思えたなら、必ずそれを日記につけておくことが大事です。
 
 
そのときは、偶然かな?と思えても、ノートが日記で埋まった頃、それを最初から読み返すと、偶然ではないことがわかるでしょう。
 
 
偶然と思っていた奇跡が、意図的な伏線になっていたことなどが発見できるからです。祈りと行動と確認を繰り返しているうちに、神さまや天使や守護霊が存在していることに確信が至ります。
 
 
その確信が、天上界と自分を結ぶ「光のパイプ」を大きく育てていきます。
 
 
場数を踏んで、確信が強まり、感謝の気持ちが深まるほど、地に足がついたスピリチュアルな人間へと成長していけるのです。