スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

愛 無 限

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
2012年は「アセンションした理想の未来に至れるか」、それとも「核戦争が起こる最悪の未来に至るか」の時空間的分岐点となっています。
 
 
もし人類が「精神科学文明(宗教と科学が融合した理想郷)」を作ることができたなら、東京スカイツリーは後世において「次元上昇のモニュメント」として親しまれるようになるでしょう。
 
 
絵画『愛無限』には、神の愛、アセンション(次元上昇)の成就、理想社会の建設、宇宙文明の到来、進化、発展、平和のエネルギーを込めました。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



絵画『愛無限』は、ある方から、
 
 
「東京スカイツリーを題材にしたスピリチュアル・アートを描いてみませんか」
 
 
という提案を頂き、2011年の6月にインスピレーションが降りてきて描いた作品です。
 
 
当時描いたのは、A3のエスキース(叩き台)ですが、今年(2012年10月現在)描いた本番の作品は、100号でも刷れるくらい解像度を高めて濃密に描きました。
 
 
 

 
 
 
やはり、インスピレーションというのは不思議なもので、東京スカイツリーがオープンしたのが、2012年5月22日(火)ですが、その1日前の5月21日(月)は、絵画のような金環日食がありました。(ただし、この絵画の金環日食は、月ではなく、地球です。)
 
 
 

 
 
 
恐らくは、絵画のインスピレーションを降ろした守護霊、もしくは守護霊に指示を与えた天使が、予言的意味を込めて、描かせたのでしょう。
 
 
実際、2011年5月に降りて来た、絵画「愛無限」の概念(インスピレーション)は、下記のものでした。
 
 
 
 


 

 
 
  
2012年はマヤの予言で人類の滅亡が予言されている年ですが、同時に地球が「アセンション(次元上昇)」するという予言もあり、吉・凶が極端です。
 
 
しかし、実際に2012年の12月に全人類が滅びてしまうことはありませんし、いきなり地球が次元上昇し、全ての人類が進化するという安易な現象も起こりません。
 
 
ただ、2012年は、世界で政治の大きな変動が起こります。
 
 
1月の台湾総統選に始まり、ロシア、フランス、アメリカ、韓国では大統領選、中国でも政権交代が行われるので、世界的な動乱の序章となる可能性は高いです。
 
 
また、2009年に幸福実現党が、
 
 
「もし外交音痴の民主党が政権を握ったなら、沖縄普天間問題は暗礁に乗り上げ、
 
 中国が沖縄や尖閣諸島を取りにかかるだろう」
 
 
と予言していましたが、2012年は、正にそういった事件が多発します。
 
 
そして、世界で天変地異は増え、UFOの出現が異常に増えて来るでしょう。
 
 
そう…
 
 
2012年は、地球が次元上昇して、全人類が安易に進化するのではなく、
 
 
いきなり全人類が滅亡してしまうのでもなく、
 
 
地球の未来に「精神科学文明」が訪れる「運命路線」に乗れるか、
 
 
もしくは、中国 対 欧米、キリスト教 対 イスラム教、等々、
 
 
世界大戦による、「人類滅亡の運命路線」に乗ってしまうか、
 
 
全人類に選択を迫られる、大きな「分岐点」になるのです。
 
 
従って、来年オープンする東京スカツリーは、前者であれば、後世において「次元上昇のモニュメント(記念碑)」として親しまれるようになりますが、
 
 
もし後者であれば、「人類滅亡への序章モニュメント」と化してしまうでしょう。
 
 
我々(神々)は、何としても日本に武士道精神を復活させ、世界の自由主義国家と連携させて、平和のための抑止力になってもらいたいと思っています。
 
 
世界のリーダーとなるための武士道精神の基本は、愛と知恵と勇気です。
 
 
絵画『愛無限』は、神々の願いを込めてインスピレーションを降ろしました。
 
 
ぜひ、2012年を「精神科学文明への序章の年」と致しましょう!
 
 
 

 
 
 
 


 

 
 
 
と、このようなインスピレーションが降りてきたのです。
 
 
そして、東京スカイツリーのオープンの日が、2012年5月22日(火)となり、その1日前の5月21日(月)は、金環日食がありましので、この絵に予言的なメッセージを感じた私は、色々と調べてみました。
 
 
どうも、5月22日に起こった金環日食は、一般的に言われている「26年ぶり」以上の意味があり、「1万3,000年ぶり」の大きな意味を伴った周期だったそうです。
 
 
その後、6月6日(水)の「金星の日面通過(ヴィーナストランシット)」が起こりました。
 
 
難しい説明はさておき、この「ヴィーナストランシット」で何が起きていたのかといいますと、100数十年に1回、8年間かけて地球と金星が5箇所で直列する現象であり、その軌跡が、正確に「五芒星(悪魔封じの紋章)」を描いていたのです。
 
 
 
参考:天空の魔法陣「ヴィーナストランジット」(図解入りで分かりやすいです。)
 
 
 
2012年は、「神と悪魔が戦う年」という説がありますが、
 
 
そういえば、「6月6日」にあとひとつ6の数字がつくと、悪魔の王を表す「666」になります。
 
 
水曜日は「Wednesday」「ヘルメス」が語源ですから、予言的な解釈を致しますと、
 
 
 
「マヤの恐怖の予言の年、2012年、
 
 金冠日食と光のモニュメントのセレモニーから
 
 16日後の6月6日。
 
 叡智と繁栄の神『ヘルメス』が、悪魔の王に対して、
 
 五芒星を使って戦いを挑む!」
 
 
 
と解釈できなくもありません。
 
 
何としても、2012年を「精神科学文明への序章の年」としたいものです!