スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界(エネルギーアート)

 
 
 
 

エメラルドフォーゼ

 
 
 
 
 
 
『エメラルドフォーゼ』の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
 
 
『エメラルドフォーゼ』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 
『エメラルドフォーゼ(Emeraldphose)』は、エメラルド(Emerald)と メタモルフォーゼ(Metamorphose)を合わせた造語です。
 

絵画『エメラルドフォーゼ』に込めたエネルギーは、メタモルフォーゼと同じく「飛翔」に誘うエネルギーです。
 

ただ、エメラルドフォーゼは、プレアデスとのシンクロ率が強いので、変身、飛翔、運命の好転、ヒーリング能力のパワーアップ、美の能力のパワーアップ、人気者になる、支援者が増える、などのエネルギー効果を祈って描きました。


仕事でも、精神力でも、人間関係でも何でもよいですが、目的意識を持ってそれらが成功するよう、毎日努力精進している人が、心身の癒しとして絵画『エメラルドフォーゼ』を鑑賞していると、段々と絵の向こう側の世界、エメラルドフォーゼのエネルギーを司る精霊や天使の世界とシンクロしてくるでしょう。
 
 
もし、あなたが、絵画『エメラルドフォーゼ』とシンクロすることができたなら、さなぎが蝶に羽化して大空を飛翔するように、人生に新たな展開が訪れるでしょう。
 
 

 

 
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。
 
 
 
 


 
 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



 
絵画『メタモルフォーゼ』で紹介した「胡蝶の夢」


夢の中の自分が実体なのか?
 

それとも、起きているときの自分が実体なのか?


なぜこういった説話が生まれたのかと申しますと、人は霊夢を見ることがありますので、夢の中で夢を霊夢と見抜いた方は、同じような感想を持つからだと思います。


霊夢というのは、寝ている間に幽体離脱をして、霊界で様々な体験をすることです。
 

肉体に戻った際に、この世的に翻訳されてしまうため、ほとんどの人が「不思議な夢を見た」という感想に終わっています。


しかし、世の中には、霊能者、霊的に敏感な方、
 

そして、霊的に敏感ではなくても、書籍などを通して霊的な知識を得ている方がいらっしゃいます。


そういった方は、何度も霊夢を経験するうちに、
 
 
「これは睡眠中に霊界に来ているな…」


と自覚できるようになります。
 

ちなみに霊夢の特徴は、



何度も同じ夢を見る場合


前回の夢の続きを見る場合


何度も夢の中で会っている人がいるが、現実の世界には、その人が存在しない場合


何度も夢の中で訪れている場所があるが、現実の世界には、その場所が存在しない場合


空を飛んだり、移動が激しい夢


時間系列がめちゃくちゃで、場面展開が激しい夢



などがあります。



愛する故人や天使、霊界での親友に会い、大事な話をして感動しても、目が覚めると、夢の内容がこの世的に翻訳されたり、記憶が途切れたりしているので、



「超感動的したんだけど、
 
 悲しいかな、内容が思い出せない。(ToT) 」



という経験は、皆さまもあるのではないでしょうか。



夢を見ているときに、それを霊夢と見抜いて、起床後も夢の記憶を保っていたい人は、寝る前にそれを毎日守護霊に頼むとよいそうです。


毎日、祈りやインスピレーション通して、守護霊とある程度同通できている人は、霊夢を自覚できたり、起床後も夢の内容を記憶できるよう、守護霊が手伝ってくれることがあります。


ただし、1回や2回でできることではありませんので、根気強く、毎日続けることが大切です。


就寝前に守護霊にお願いすることが習慣化できれば、できるようになる確率は高いと思いますよ。(^^)
 

 
 

 


 
 
 
 

2016年の春頃でしたでしょうか。
 
 
関西で有名な番組『探偵ナイトスクープ』で、霊夢の調査依頼がありました。
 
 
依頼内容は、
 
 
「私は子供の頃から不思議な夢をよく見ます。

 1年ほど前でしたか、

 
 夢の中に素数の難問を解く鍵が突然現れたのです。

 数学は素人の私ですが、これが証明できれば、

 
 現在日本では3人しか受賞していない、

 数学界のノーベル賞ともいえる、

 
 フィールズ賞も夢ではないはず。

 どうか世に発表する機会をいただけないでしょうか」

 
 
というものでした。
 
 
夢の詳細を述べると長くなるので、ここでは割愛しますが、夢の中でしか知り得ることができない、とても不思議な内容でした。
 
 
で、結果はどうだったかといいますと、
 
 
依頼内容の証明には数学的に一部不完全な部分があったものの、
 
 
「数学の素人が、夢でここまで辿りつけるとはすごい!」
 
 
と番組で専門家達が驚いていました。
 
 
夢の中で女神に問題を教えてもらって公式を発見した、「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」というインドの天才数学者がいますが、この回の探偵ナイトスクープは、それに匹敵する内容でした。
 
 
このように、霊夢で見た内容を実用化して、世の役に立てた話はたくさんあるようです。
 
 
私も夢を使ってよく実験をしていますが、面白い発見をすることが多いです。
 
 
例えば、こんな実験をしています。


深夜妻が眠りに落ちるまで、ずっとふたりで話をしています。

 
 
話が途切れて、妻が眠りに入ったことを確認してから、30秒ほど数えます。
 
 
そこで、妻を起こすと大抵の場合、
 
 
「今、夢を見ていたの。
 
 時間にしたら、15分くらいかな?」
 
 
といいます。
 
 
夢の内容を確認すると、確かに15分くらいは体験しています。
 
 
実際は、30秒しか過ぎていないのに、なぜ?
 
 
自分の霊的な体験も含めて考慮しますと、やはり、霊界とこの世では、時間の進み方が違うようです。
 
 
誰もが共通する「一定の時間スピード」があるのではなく、その人の霊的な能力によって、1時間が1秒に短縮したり、100年が数ヶ月に短縮したり、その逆が起こったり、様々な展開があるようです。(時間だけではなく、テレポーテーションができるなど、空間においても同じ原理が働いています。)


これは、アインシュタインが提唱した「特殊相対性理論」が関係しているのかもしれません。

 
 
そういえば、


亡くなった方が天国行きか地獄行きかを、あの世の裁判所みたいなところで判定されるとき、「人生再現スクリーン」が現れるといわれていますが、この現象も似ているかもしれません。

 
 
 
参考:レポート「守護霊(1)」読者からの質問2と3
 
 

え?
 
 
「人生再現スクリーン」って聞いたことありませんか?
 
 
たとえば、ある方が100歳で亡くなったとして、


人生の全ての内容(心の中で思ったことまで)が、わずか1時間くらいで、あの世の傍聴人の前で再現される恐怖の裁判(鑑賞会?)があるのです。(いやぁ〜、悪いことはできません。(;^_^A)


それを「人生再現スクリーン」と私は呼んでいます。

 
 
一般的には、「照魔の鏡」と呼ばれています。
 
 
しかし、なぜ100年も費やした人生が、たった1時間で追体験できるのか?


これは、霊人とこの世の人間の認識能力の差にあります。

 
 
昔のパソコンは、データをコピーする場合、データを録音してあるカセットテープを丸々再生しないと、コピーができませんでした。
 
 
しかし現在は、大容量のデータでも、ハードディスク同士で、一瞬でコピーすることができます。
 
 
霊人とこの世の人間の認識能力の差は、これに似ていると思います。
 
 
高次元の霊人(天使)になるほど、認識能力が上がるので、一瞬で膨大な情報を理解できるようになるのです。
 
 
神さまは「全知全能」と言われていますが、これが由縁であります。


話が長くなりました。(;^_^A

 
 
絵画『エメラルドフォーゼ』が、皆さまが天使とシンクロし、幸福な人生を歩むための「異次元エネルギーゲート」になれば幸いです。
 
 
合掌…。(_ 人 _)