スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

天 帝 の 使 い

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 
絵画『天帝の使い』は、永遠、慈悲、叡智、浄化、成功、繁栄、最強、守護神、悪霊撃退、邪悪な宇宙人撃退、奇蹟のエネルギーを込めました。
 
 
悪霊撃退のパワーが強烈なので、心に闇を持ったままこの絵を見つめると、恐怖を感じることがあります。
 
 
しかし、心が浄化されると、幸運を引き寄せるパワーが強まります。
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



世界的な宗教には、神々や天使を統べる至高神(しこうしん)というリーダー的存在が登場します。
 
 
たとえば仏教では、大日如来、阿弥陀如来、薬師如来など様々な如来が存在しますが、無数の如来の中で、根本となる如来のことを本仏といいます。
 
 
仏教には「釈迦本仏論」という説がありますが、これを現代のスピリチュアル理論で説明しますと、
 
 
 
「お釈迦さまの魂の兄弟(グループ・ソウル)の本体に当たる大霊が、
 
 地球の神々のリーダーである」
 
 
 
ということになります。
 
 
また現在のキリスト教では、イエスさまのこと主とお呼びしておりますが、イエスさま御自身は、至高神のことを父と呼んでいました。
 
 
中国の儒教(じゅきょう)や道教(どうきょう)では、至高神のことを何と呼んでいるかと申しますと、天帝(てんてい)と呼んでいます。
 
 
日本では儒教は道徳と認識している方が多いですが、開祖の 孔子さま は、教えの中で天帝の存在について触れているのです。
 
 
このように、至高神(地球の神々のリーダー)の呼び名は、各宗教によって異なっておりますけれど、昨今のグローバルな研究によって、同一の存在が異なった呼ばれ方をしている可能性が濃厚になってきました。
 
 
至高神(地球の神々のリーダー)である天帝は、自身の魂の一部を何度も降臨させ、東洋文明の源流をつくって来たと言われています。
 
 
その中で最も有名な方が、インドで仏教を開いたお釈迦さまです。
 
 
ですから仏教には、東洋文明を見据える「Buddha's eyes(仏陀の目)」というシンボルが存在します。
 
 
 

 

 

 
それは、全知全能の目であると言われています。
 
 
一方、西洋にも全知全能の目が存在します。
 
 
それは、アメリカ合衆国の国章(裏面)、そして、秘密結社フリーメイソンの紋章ともなっている「Eye of Providence(全てを見通す目)」です。
 
 
この目は、エジプト神話の Eye of Thoth(トートの目)を原型にしていると言われています。
 
 
トートの目は日本ではホルスの目と呼ばれることが多いのですが、ホルスの目の左眼はトートの目と呼ばれていて、至高神(地球の神々のリーダー)を象徴しているのです。( 全てを見通す目も左眼です。 )
 
 
 

 
 
 
西洋には、
 
 
 
「至高神(地球の神々のリーダー)はアトランティスに祭司王トート(Thoth)
 
 ギリシャに、転輪聖王ヘルメス(Hermes)として生まれ、
 
 錬金術など科学の基となる天界の秘術を伝えた」
 
 
 
という古文書『エメラルド・タブレット』が残っております。
 
 
実は、近代の研究によって、イエスさまは青年期にエジプトに留学をし、その思想を学んでいたことが分かってまいりました。(初期のキリスト教では、こういった事実が、数多く語られていました。)
 
 
ですから、西洋には、
 
 
「魂の兄弟(グループ・ソウル)であるトートとヘルメスが一体となって、
 
 全知全能の目で西洋文明を見据えている」
 
 
という思想があるのです。
 
 
このように至高神(地球の神々のリーダー)は、東洋に内省的で調和的な文化を、西洋に外交的で発展的な文化を建設するべく、その種子を世界中に蒔き続けて来ました。