スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

永 遠 に

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

原 画

 
 
 
原 画  M100号(1620×970ミリ)木製パネルにアクリル絵の具
 
 
1996年  第18回「清興展」新人賞
 
 
1996年 「ベルギー国際現代芸術アカデミー」国際作家 褒賞
 
 
1997年 「国際新鋭作家コンクール」優秀賞
 
 
1998年 「国際芸術グランプリ・スペイン巡回展」国際芸術賞
 
 
1999年  第85回『サロン・デ・ベール」入選
 
 
1999年 「国際芸術大賞・フランス展'99」サンジャッキャップフェラー市長賞
 
 
 

 
 
 
 
 

デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
太陽神と共に大空に飛翔する天使達。
 
 
絵画『永遠(とわ)に』には、愛、永遠、成功、繁栄、平和、調和、情熱、勇気、友情、ヒーリング、奇蹟のエネルギーを込めました。
 
 
「この絵を見つめていると勇気が湧いた」という報告をよく聞きます。
 
 
「死んではいけない! 私たちがついている!」という声が心に響いて、自殺をとどまった方もいらっしゃいます。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 

 

百詩編 第1巻48

 
 
 
Vingt ans du regne de la lune passés,
 
Sept mil ans autre tiendra sa monarchie.
 
Quand le soleil prendra ses iours lassés,
 
Lors accomplir & mine ma prophetie.
 
 
 
20年(20世紀)続いた月(西洋)の支配が過ぎ去り、
 
別のもの(別の救世主)が7000年(21世紀)に王国を築くだろう。
 
太陽の如き存在(太陽神)が光を取り戻すとき、
 
全ては満たされ、我が予言も終わりを告げるのだ。
 
 
 
 


 

 
 
 

百詩編 第4巻29

 
 
 
Le sol  caché eclipse par Mercure,
 
Ne sera mis que pour le ciel  second. 
 
De Vulcan Hermes sera faite pasture,
 
Sol sera veu pur rutilant & blond.
 
 
 
日の国はケリューケイオンの杖によって隠され、
 
第2の空にしか置かれない。
 
ヘルメス神はバルカン神のために祈り、
 
太陽神は黄金色に輝くだろう。
 
 
 
 


 

 
 
 

百詩編 第10巻42

 
 
 
Le regne humain d'Anglique geniture, 
 
Fera son regne paix vnion teni.
 
Captiue guerre demy de sa closture, 
 
Long temps la paix leur fera maintenir.
 
 
  
天使人類による人類の統治、
 
その統治は平和と協力を維持するであろう。
 
戦争は半分で閉じられ捉えられ、
 
平和は永く保たれるであろう。
 
 
 
 


 

    
 
 

 
 
 
20世紀末には動乱を暗示する予言が多かったですが、その反面、希望を暗示する、救世主降臨、仏陀再誕、天使降臨などの予言が、宗派を超えて多くの文献の中に記されています。
 
 
上記の三編の詩は、ノストラダムスの百詩編の中に記されている非常に珍しい希望に満ちた予言です。
 
 
一般的にノストラダムスといえば、「1999年の7月に人類が滅亡する」という解釈の詩が有名です。
 
 
ところが現実には、この予言は外れることになりました。
 
 
しかし、ノストラダムスは上記の詩のように、21世紀以降の希望の未来の可能性をもきちんと示唆し、
 
 
「上記の2つの予言が成就されれば、私の恐怖の予言は大きく変更されます」
 
 
と、王妃カトリーヌ・ド・メディチに対して語っていた記録が残っています。
 
 
ではもし、予言通りに現代に救世主が現れるとしたら、その方はどのような仕事をされるのでしょうか。
 
 
おそらくは、神仏や霊界の証明という特殊な事柄を除けば、割合地道な「人の生きる道」を説かれるのではないでしょうか。(世界の四大聖人がそうであったように…)
 
 
お釈迦さまやイエスさまにしても、神仏の証明のために奇蹟の力を見せはしましたが、教えの中心は、人類が「進歩」と「調和」をしていくための「悟り(智慧)」と「愛(人間関係学)」でした。
 
 
現代の文明はかなり複雑になっていますから、おそらくは、宗教、政治、経済、教育、医学、科学、芸術、哲学など、ありとあらゆる角度から人類が学べるよう、体系化した教えを説くのではないでしょうか。
 
 
絵画『永遠(とわ)に』は、未来永劫、人類が繁栄し続けることを願い描きました。