スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

永 遠 の 悟 り

 
 
 
 
 
『永遠の悟り』の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
 
 
 
『永遠の悟り』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
 
  

 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 
この絵画には、悟り、智慧、永遠、慈悲、深淵、内観、瞑想、心の平安、インスピレーションの強化、人格向上のエネルギーを込めました。
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 
 
 
一説によりますと、お釈迦さまは菩提樹の下で大悟した際に、霊体が無限に拡大し、大宇宙と一体となって、宇宙創世の悟りを得たと言われています。
 
 
宇宙と一体となる悟り。
 
 
すなわち、宇宙樹と一体となる悟りは、魂が肉体を離れて上昇し、地球を眼下に見下ろすことから始まります。
 
 
 

 
 
 
上昇した魂は、大きく拡大していき、段々地球が小さな球のように見えてくるそうです。
 
 
この偉大な境地は、ソクラテスも体験していることを、プラトンが『パイドン』という書物の中で書き記しています。
 
 
また、空海の伝記では、
 
 
「大悟した際に、身体が巨大化して、明けの明星を呑み込んだ」
 
 
ということが伝えられています。
 
 
しかし、お釈迦さまは、ソクラテスも空海も経験していない次なる境地、霊体が銀河系の大きさまで拡大していく境地に入ります。
 
 
 

 
 
 
そして全宇宙まで拡がったお釈迦さまの意識は、宇宙がひとつの生命を構成していることを知ります。
 
 
宇宙の全ての存在が、根本仏(根本神)と呼ばれている、巨大な精神エネルギー体から分岐してきた親子であることを悟ったのです。
 
 
 
「全ての存在は宇宙樹という根本仏(根本神)のパーツであり、
 
 自分という存在が、人格神であるか、人間であるか、動植物であるかは、
 
 現在の悟りの境地によって、役割分担されているにすぎない」
 
 
 
この大宇宙の真理は、
 
 
 
「全ての存在は、一見独立して生きているように見えるが、
 
 本当は互いに共生し合わなければ存在することができない」
 
 
 
という、厳粛な事実を示しています。
 
 
例を上げて、説明してみましょう。
 
 
動物は植物の出す酸素を吸って生きていますが、植物もまた、動物が出す二酸化炭素を必要としています。
 
 
地球上の全ての生命は、遥か彼方にある太陽から降り注ぐ光のお陰で生きていくことができます。
 
 
太陽系は、銀河系が秩序ある自転をしているから、存在することができます。
 
 
このように、ミクロからマクロまで全ての存在が共生し、より大きな生命を形成しているのです。
 
 
実は人間とは、宇宙樹の葉に当たるのかもしれません。
 
 
葉は、1枚の葉としての認識しか持っておりませんが、より高い境地の霊存在から見れば、
 
 
 
「一は全なり。全は一なり。
 
 自他は別個にあらず、一体なり。
 
 我ら全てが宇宙樹を形成している複合生命体なのである」
 
 
 
と、はっきりと自覚できるようになるのでしょう。
 
 
故に、
 
 
 
お釈迦さまは、慈悲(愛)と悟り(智慧)を説き、
 
 
イエスさまは、愛と祈りを説き、
 
 
孔子さまは、秩序と礼節を説き、
 
 
ソクラテスさまは、知(智慧)を説きました。
 
 
 
「人間よ、
 
 汝の意識を『一枚の葉』から
 
 葉を束ねる『枝』へと進化していきなさい。
 
 もし、自己が進化していくことによって、他を不幸にしてしまうのなら、
 
 互いに愛し合い、生かし合い、許し合う調和の精神を発揮しなさい。
 
 宇宙の二大原理の進歩と調和を上手に融合することが、
 
 宇宙樹全体の繁栄に繋がっていくのです」
 
 
 
世界の四大聖人の教えは、このように集約されるのかもしれません。