スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界(エネルギーアート)

 
 
 
 

ヴィーナスの神殿・プレアデス

 
 
 
 
 
『ヴィーナスの神殿・プレアデス』の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
 
 
 
『ヴィーナスの神殿・プレアデス』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

高級 C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
 

6号(額代、送料込み)

 225,000円(本体価格)
 243,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が810ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 500,000円(本体価格)
 540,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで要相談承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
魔法科学、幸福引き寄せ能力の強化、ヒーリング能力の強化、幸福な恋愛、良き友人との出会い、貴人(良き先生)との出会い、幸福な家庭、美、アンチエイジング、魅力アップ、健康、子宝成就、安産、優しさ、調和、平和。
 
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



『ヴィーナスの神殿』シリーズは過去、
 
 
 

『ヴィーナスの神殿・天界』

 

 
 
 

『ヴィーナスの神殿・愛』
 

 
 
 

『ヴィーナスの神殿・祝福』
 

 
 
 
『ヴィーナスの神殿・黎明』(2016年の個展で アール・グラージュ として発表)の4作品を制作しましたが、今回の『プレアデス』は、5作品目になります。
 
 
過去の4作品は、地球の女神とシンクロして幸福を引き寄せる異次元エネルギーゲートとして製作しましたが、今回は、プレアデス星の女神とシンクロする異次元エネルギーゲートとして描きました。
 

プレアデス星人は、おうし座の プレアデス星団 の中にある、複数の惑星に住んでいます。
 
 
ギリシャ神話に登場する プレアデスの女神(姉妹)は7人おりますので、プレアデスには、七つの惑星文明が存在することが推定されます。
 
 
これについては、多くのチャネラーがプレアデス星人とコンタクトをとり、You Tube やブログ紹介していますが、数が多く、内容もマチマチですので、真偽の判定が難しいです。
 
 
一般的には、プレアデス星団の7つの星とは、明るい恒星「アルキオネ」「アトラス」「エレクトラ」「マイア」「メローペ」「タイゲタ」「プレイオネ」を指しています。
 
 

 

 
 

プレアデス星人の存在を世界に広めたのは、ビリー・エドゥアルト・アルベルト・マイヤー氏 です。
 
 
彼は1975年にプレアデスのセムヤーゼという女性とコンタクトが始まり、1,000枚以上のUFO写真と8ミリフィルムとUFOに使用される精製過程の金属片などを公表しました。
 
 

 

 
 
 
この証拠品は、NASAの科学者や著名な金属学者によって分析され、偽物と証明できるものは何一つないとされました。
 
 
しかし、いくつかのUFO団体やUFO関係者からは、否定論が主張されました。
 
 
日本では、宇宙人の研究で有名な 矢追純一氏 が翻訳した 『UFO-プレアデス星団からの接近』という、プレアデスの宇宙船の写真集が発売されています。
 
 
 

 
 

 
 
日本では古来、プレアデス星団を「すばる(昴)」と呼んでいました。
 
 
プレアデス星人は、地球人や金星人の祖先だという説がありますが、確かに彼らの姿は、北欧系の人々によく似ています。
 
 
プレアデスの科学は地球より千年以上進化していて、ヒーリングなど、精神エネルギー科学が発達しているといわれています。
 
 
ですから、プレアデスには病気という概念がありません。
 
 
病気になる前にヒーリングで調整してしまうからです。
 
 
 

 

 
 
 
当時、放送されたabcニュース(動画)
 

 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
プレアデスの科学は、地球人から見ると魔法に近いでしょう。
 
 
その流れは、地球では 白魔術 として受け継がれています。
 
 
白魔術については諸説ありますが、恋愛成就、雨乞い、豊作祈願、収獲祈願、紛失した物を見つけ出す、破損品を修復し新品同様に戻す、病気を治療するなどのために用いられることが多く、現代の化学・医学の原型となりました。
 
 
白魔術師は、北欧系タイプの美人女性が多かったですが、その理由は、プレアデスの霊流を引いていたからでしょう。
 
絵画『ヴィーナスの神殿・プレアデス』は、ヴィーナスの神殿シリーズの中でも、プレアデスの魔法科学とシンクロするパワーが強いです。