スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

生命の大樹 ∞ 時空

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
現在『生命の大樹 ∞ 時空』のポストカードは未製作ですが、旧作『銀河系大樹』は販売しています。
 
 
 

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めたエネルギー

 
 
 
この絵画には、創造、共生、慈悲、愛、慈悲心の育成、徳の育成、大団円、大調和、神仏との一体化、宇宙との一体化、守護神の引き寄せ、支援者の引き寄せ、あなたのファンの増大を込めました。


注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



絵画『生命の大樹 ∞ 創造』は、多次元宇宙の Big Bang を描いた絵画ですが、
 
 
 
 

 
 
 
 
『生命の大樹 ∞ 時空』は、宇宙の全ての存在が、生命の大樹の一員として共生~繁栄していくさまを描いています。
 
 
ふたつの絵画に込めたエネルギーは同じなのですが、『生命の大樹 ∞ 時空』は、人間、動植物、鉱物等、全ての存在は、生命の大樹のパーツであり、互いに共生し合うことで成長していく複合生命体であるという法界縁起(ほっかいえんぎ)の思想をより強調しています。
 
 
人間、動物、植物、鉱物、惑星、恒星、銀河、宇宙など、ミクロな視点で見れば、森羅万象は、全てが独立して生きている様に見えますが、マクロな視点で見ると、全体でひとつの巨大な生命を形成しているように思えます。
 
 
神仏の目には、大宇宙は巨大な生命の大樹として見えているのかもしれません。
 
 
いえひょっとすると、創造主と呼ばれている存在自体が、全てを内包する巨大な霊的な大樹なのかもしれません。
 
 
この生命の大樹は、
 
 
 
中世ユダヤの神秘主義カバラの思想では「さかさまの樹」「セフィロトの樹」
 
 
インドの聖典リグ・ヴェーダとウパニシャッドでは「さかさまの樹」
 
 
北欧神話では「宇宙樹ユグドラシル」
 
 
仏教では「曼荼羅」
 
 
キリスト教では「十字架」
 
 
 
として表現されています。(※参考『イメージの博物誌15 生命の樹』
 
 
 

 
 
 
そして、大変興味深いのですが、「生命の大樹」の神話を、最新の物理学が研究し始めています。
 
 
量子力学者のジョン・ハガリン博士は、
 
 
 
「宇宙は思考から発生しました。
 
 私達の周りの物質も凝結した思考から出来ています」
 
 
 
と説明しています。(※参考『ザ・シークレット』
 
 
実は、欧米の量子力学の一部では、
 
 
 
「宇宙は意識を持っている。
 
 人間や動物の意識というのは、宇宙の意識の局所化された部分ではないのか。
 
 いや、宇宙が意識を持っているというのは順序が逆であって、
 
 人智を超えた巨大な意識が、表現形態の一環として物質宇宙を創ったのではないか」
 
 
 
とし、多次元宇宙の研究が始まっているのです。
 
 
この研究は、素粒子が何もない空間からこつ然と現れ、そしてまた、こつ然と消えていく事実が発見されて依頼、重要視されているようです。
 
 
霊界、創造主、天使、人間霊、これは宗教用語ですが、これを量子力学的にいえば、
 
 
 
霊界 = 多次元宇宙
 
 
創造主 = 超宇宙意識
 
 
各宗教の神さま = 超宇宙意識が分散して個性化した意識
 
 
天使 = 各宗教の神さまより小さく分散化した意識
 
 
人間霊 = さらに小さく分散化した小意識
 
 
 
となります。
 
 
もう少し分かりやすく説明しましょう。
 
 
物質宇宙ができる以前は、巨大なひとつの「超宇宙意識」しかありませんでした。
 
 
この第一原因である「超宇宙意識」、宗教的にいうと、創造主が霊的なビッグバンを起こし、投網を打つように分岐し、多次元宇宙を形成していきました。
 
 
あたかも、超高速カメラで撮影された、急成長する「宇宙樹」のように。
 
 
私たちが住む三次元の宇宙は、多次元宇宙の一番下位にあたる宇宙です。
 
 
超宇宙意識は拡散しながら各次元に、「幹」「枝」「葉」「果実」「根」など、様々なパーツを形成していきました。
 
 
これが、三次元、四次元、五次元、六次元、七次元、八次元~といった多次元宇宙であり、地球の神仏(人格神)、天使、人間霊、動物霊、植物霊、鉱物霊、などの霊的生命体です。
 
 
 
 

 
 
 
 
三次元の宇宙は、超宇宙意識が物質化してつくられた世界なので、「太陽と地球」「空と海」「動物と植物」「私とあなた」というように、全てが個別に存在しているように見えます。
 
 
しかし、物質を超えた高次元宇宙においては、全ては別々の存在でありながら、同時にひとつの存在でもあることが認識できます。要は、全ての存在は見えない糸で繋がっているということです。
 
 
たとえば、空と地面は物理的には繋がっていないのに、地震の前に空に兆が現れる現象、距離に関係なく、親しい人に何か起こったことをキャッチする「虫の知らせ」、一度接触した2つの電子が数億光年の彼方に隔てられも瞬時に情報が伝わる「量子テレポーテーション」などがそうです。
 
 
 
参考「世界初!量子テレポーテーションを成功させた古澤明」
 
 
参考「米科学者ら、原子の量子テレポーテーションに成功」
 
 
参考「量子テレポーテーション実験、原子を使い成功」
 
 
 
動物の帰巣本能もそうでしょう。
 
 
住んでいた家に旅先で迷子になった犬が返ってくるというのは理解できるのですが、
 
 
引っ越しの際に行方不明になった犬が、一度も行ったことがない新居にたどり着ける理由は、現在の科学では解明できません。
 
 
これは、帰巣本能という能力を超えています。
 
 
敢えて命名するとしたら行巣本能でしょう。
 
 
恐らくこの現象は、空間に張り巡らされた見えない糸を察知して、動物が目的地に辿りついているのだと思います。
 
 
それは、飼い主の愛情というエネルギーなのかもしれません。
 
 
「愛情が、なんで遠方から感知できるんだ?!」という反論もあるでしょう。
 
 
愛は観念的なものかもしれません。
 
 
しかし、愛には人の心を揺さぶるパワーがあります。
 
 
お釈迦さまやイエスさまの愛の言葉で、何百億という人間が幸福になりました。
 
 
「干渉することによって、相手に影響を与えることがエネルギーの本質」と定義するならば、愛は間違いなくエネルギーです。
 
 
もし、未来に観念的なエネルギーを感知するシステムが開発されれば、愛情を数字で測ることができるようになるでしょう。
 
 
心理学者のユングは、
 
 
「人は潜在意識下に集合的無意識を持っている。
 
 この集合的無意識は、個人を越えて人類全体の心に繋がっている」
 
 
と提唱しましたが、これこそが正に「生命の大樹」のことです。
 
 
言葉を変えれば、「全てのものは見えない糸で繋がっていて、その糸を通して、愛のエネルギーの交流が行なわれている」ということです。
 
 
絵画『生命の大樹 ∞ 時空』は、全ての存在が「神の愛の糸」で繋がっていることを表しました。