スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界(エネルギーアート)

 
 
 
 

メタモルド

 
 
 
 
 
『メタモルド』の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
 
 
『メタモルド』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
   
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

ポストカード:1枚 200円

 
 
 
ポストカードは、11枚以上 から注文を承ります。
 
 
同じ種類を11枚以上でも、ランダムに11枚以上でも、御自由にお選び頂けます。
 

 
ご注文の方は下記をクリックしてください。

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 

「メタモルド(Metamold)」は、ゴールド(Gold) と メタモルフォーゼ(Metamorphose) を合わせた造語です。
 

絵画『メタモルド』に込めたエネルギーは、メタモルフォーゼと同じく「飛翔」に誘うエネルギーです。
 

ただ、メタモルドは、ベガとのシンクロ率が強いので、変身、飛翔、運命の開拓、成功、発展、勝利、経営能力の向上による富の引き寄せ、などのエネルギー効果を祈って描きました。


仕事でも、精神力でも、人間関係でも何でもよいですが、目的意識を持ってそれらが成功するよう、毎日努力精進している人が、心身の癒しとして絵画『メタモルド』を鑑賞していると、段々と絵の向こう側の世界、メタモルドのエネルギーを司る精霊や天使の世界とシンクロしてくるでしょう。
 
 
もし、あなたが、絵画『メタモルド』とシンクロすることができたなら、さなぎが蝶に羽化して大空を飛翔するように、人生に新たな展開が訪れるでしょう。
 
 

 

 
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。
 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 


 
『メタモルフォーゼ』『エメラルドフォーゼ』で、荘子の「胡蝶の夢」、霊夢の話をしました。


人間の本質は、思考するエネルギー体「意識」


宗教的には霊、あるいは魂と呼ばれている存在です。
 

思考するエネルギー体「意識(霊)」が、衣食住がないと生きられない、寿命というタイムリミットのある「この世」で、精神力をグレードアップするために修行をしているのです。


決して、脳が意識や心を作っているのではありません。


しかし、地球においては、あるルールがあります。


それは、この世で修行している間は、霊界で暮らしていたときの記憶を封印されるというルールです。


その理由は、霊界での記憶があると修行にならないからです。


全てを忘れた上で、自らが選んだ修行課題、様々な試練に対して、諦めることなくチャレンジしていくことができるか。


修行を無視し、享楽にふけった人生を歩まないでいけるか。


試練に打ちひしがれ、自殺などをしてしまわないか。


厳しい人生を歩むうちに、霊的な人生観に気がつくことができるか。


神さまの存在を信じることができるか。


個人の魂修行を行いつつ、この世を天上界に近づけていくために、積極的に利他の行為を続けていくことができるか。


地上ユートピア化のために、働くことができるか。


などなど、枚挙にいとまがありません。


しかし、修行の合格ラインをクリアーして、見事帰天することができたなら、その人の精神力や霊格は、地上に生まれる前より、ずっと高まっているのです。


転生輪廻を繰り返すことによって、霊は天使へと成長し、天使はさらに上位の存在へと成長していくのです。
 

 
 

 


 
 
 
 

私は、いつも不思議な夢を見ます。


空を飛ぶ夢、摩訶不思議な世界を探検する夢、天国や地獄を探検する夢。


そして、他人の人生を体験する夢。


この「他人の人生を体験する夢」というのは、実に不思議な夢です。


ずいぶん検証してきましたが、前世の夢ではなさそうです。


時代は現代であるのに、今の私とは違った肉体を持ち、違った名前で暮らしているのです。


そして、ちゃんとその人としての数十年の記憶が存在しているのです。


住んでいる町は、日本には存在しないような町なのですが、夢の中では一定の記憶があり、それを理解しています。


知人に対する記憶も同様です。


本当に不思議な夢です。


「胡蝶の夢」のような、霊界での体験というわけでもないようです。


まるで、パラレルワールドで別の人生を体験しているかのようです。


こんな壮大なストーリーを、私の脳が考えているとは絶対に思えません。(笑)


ということで、


インスピレーションを通して、守護霊に「他人の人生を体験する夢」とはどういうシステムになっているのか質問してみました。


あくまでインスピレーションによる守護霊との交流なので、その内容が絶対に正しいとはいえません。


しかし、とても興味深い答えであったので、紹介いたします。


以下、守護霊からの回答です。
 

 
 

 


 
 
 
 

夢というのは、実は霊界でも研究中で、全てが解明されているわけではありません。


睡眠中に魂の一部が霊界に来て、様々な体験をする「霊夢」は確かにあります。


しかし、この世での体験から脳が作り出している夢も存在するようです


そして、あなた方地上の人間は信じがたいでしょうが、脳だけでなく、臓器や細胞が作り出している夢も存在するのです。


大宇宙の創造主(超宇宙意識)が作った全ての存在には、意識(霊)が宿っています。


それには例外はありません。


人間のみならず、動物にも、植物にも、鉱物にも、


地球にも、太陽にも、銀河にも、宇宙にも、


臓器にも、血液にも、細胞にも、原子にも、素粒子にも、


全てに様々な形態の意識(霊)が宿り、魂修行をしているのです。
 
 

一即多・多即一


一は全、全は一


マクロコスモスとミクロコスモス

 
 
言い方は様々ですが、全て同じ関係を示しています。


「マクロコスモス」というのは、文字通り宇宙そのものを指します。


「ミクロコスモス」というのは、私たち人間の肉体が、その例に当たるでしょう。


私たちの肉体には核となる意識(霊)が宿っていますが、体内の各臓器にも個別に魂が宿っていて、私たちの意志に関係なく、自身の使命を遂行しています。


たとえば、人が眠っている間でも心臓が動き続けるように、彼らは各自の使命を遂行しているのです。


ミクロの世界「ミクロコスモス」では、細胞から素粒子に至るまで、各自が意識を持ち、各自の使命を遂行しているのです。


マクロコスモスである、太陽にも、銀河にも、宇宙にも、例外なく意識(霊)が宿り、各自の使命を遂行しているのです。


もちろん、全てに意識が宿っているとはいえ、人間と鉱物の意識は全く形態が異なります。


自分の意思で動くことすらできず、何億年も生きる鉱物に、人間のような意識(霊)が宿ったら、退屈で退屈で死んでしまうでしょう。(笑)


全ての存在に意識(霊)は宿っていますが、意識(霊)の形態が違うということは知っていてください。


しかし、彼らも意識(霊)である以上、記憶も持っていますし、考えることもできるのです。


宇宙の全ての存在は、独立して生きられるものは、ただのひとつもありません。


個は全体の中のパーツなのです。


時空は、「生命の大樹」という複合生命体なのです。


ですから、脳が作り出す夢もありますが、


脳と臓器と細胞とその他が作り出す、合作的な夢も存在しているはずです。


そして、時空が「生命の大樹」という個々の意識が集まった複合生命体であるならば、宇宙には、無限に近い意識と記憶が充満していることになります。


これを「量子情報科学」的にいえば、宇宙は「情報の海」であるということになりましょうか。


「情報の海」に脳や体組織がシンクロして、合作的な夢を作り出している場合もあるかもしれません。


あるいは霊夢のように、宇宙の情報の海で体験する「時空夢」とでも呼ぶべき夢もあるかもしれません。
 

 
 

 


 
 
 
 

↑ という、守護霊からのインスピレーションでした。


本当かどうかは分かりませんが、個人的には、非常に興味津々の説です。(笑)



TOCANA「最新の量子力学が魂・臨死体験の謎を解き明かす」


カラパイア「死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる(米科学者)」


カラパイア「この宇宙が仮想現実である10の根拠」


日経サイエンス「計算する時空 量子情報科学から見た宇宙」


計算する時空 量子情報科学から見た宇宙 (SCIENTIFIC AMERICAN November 2004)

 
 
 
宇宙に意識はあるのか?



絵画『メタモルド』が、皆さまが天使とシンクロし、幸福な人生を歩むための「異次元エネルギーゲート」になれば幸いです。


 
合掌…。(_ 人 _)