スピリチュアル・アート 綾小路有則の世界

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 

黎 明 3

 
 

 
 
 
『黎明3』は、白額と黒額、お好きな方を選べます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『黎明3』の白額は、ナチュラルに部屋に溶け込みます。
 
 
絵の重厚感を強調したい方は、黒額がお勧めです。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

C G 絵画
デジタル・リトグラフ
サイン入り保証書付

 
 
 

6号(額代、送料込み)

 150,000円(本体価格)
 162,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が410ミリ
 額のサイズは、長辺が660ミリ(概算)
 
 
10号(額代、送料込み)
 200,000円(本体価格)
 216,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が530ミリ
 額のサイズは、長辺が800ミリ(概算)
 
 
20号(額代、送料込み)
 300,000円(本体価格)
 324,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が727ミリ
 額のサイズは、長辺が1,000ミリ(概算)
 
 
30号(額代、送料込み)
 400,000円(本体価格)
 432,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が910ミリ
 額のサイズは、長辺が1,180ミリ(概算)
 
 
50号(額代、送料込み)
 600,000円(本体価格)
 648,000円(消費税込価格)
 絵のサイズは、長辺が1,167ミリ
 額のサイズは、長辺が1,440ミリ(概算)
 
 
 絵と額の「短辺」のサイズは、絵画によって異なります。
 
 たとえば、下記の画像のように、同じ10号の絵画でも、
 
 正方形の絵画、長方形の絵画、細長い絵画など様々だからです。
 
 

 
  
絵と額の「長辺」のサイズは、上記の通り、統一されておりますが、「短辺」のサイズに関しましては、お求めの絵画の画像を参考にして下さいますと幸いです。
 
 
購入を希望される方には、メールで詳細を説明させていただきます。
 
 
 
 
 
 

規格外のサイズをお求めの方は、メールで 要相談 承ります。

 

CG絵画(デジタル・リトグラフ)は、耐光性を重視しており、変色が早い染料インクは、一切使用していません。
 
 
きめ細かいディテールが綿密に再現されており、色合いが非常に鮮明です。
 
 
色校正は、作者立会いの下にジークレー版画工房「AMUZE」が念入りに行ないます。
 
 
ご注文の方は下記をクリックしてください。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

絵画に込めた作者の念い(エネルギー)

 
 
 
絵画『黎明3』は、絵本『なかよくなれるよ!〜アルンの星の物語〜』用に描いた絵画です。
 
 
この絵には、創造、慈悲、育成のエネルギーを込めました。
 
 
注:完全他力の「棚ぼた」を望む人には、ビギナーズラック的に幸運引き寄せが起こることはあるようですが、それが継続することはありません。


スピリチュアル・アートは、日々努力精進する人に、天使や精霊の応援エネルギーが臨み、幸運引き寄せ現象を起こす「異次元エネルギーゲート」です。


スピリチュアル能力を向上するためには、心のコントロールの習慣化や、日々の利他の実践は必須となります。

 
 
 
 


 
 
 
 

スピリチュアル・レポート

 



20世紀末頃から『ヘルメス文書』の知名度が上がり、今までキリスト教が隠してきた秘密の部分が、だんだんと明らかになってまいりました。
 
 
参考・絵画『太陽の都』
 
 
また、霊界を研究している学者、そして数多くの霊能者たちによって、今まで、タブーとなっていたことが、日の目を見るようになってきたのです。
 
 
唯物論国家の大御所のひとつと言われている日本でさえ、スピリチュアル・ブームが起きています。
 
 
イエスさまの『失われた17年の秘密』の研究と公開
 
 
『マグダラのマリアの福音書』等、『聖書外伝』への注目
 
 
人間は、自ら人生計画を練り生まれ変わっているという計画的転生輪廻の事実
 
 
霊界は多次元構造になっていること
 
 
地球の神さまは、一神ではなく多神であること
 
 
神さまには神格(レベルの差)があること
 
 
地球の神仏は全員、お釈迦さまやイエスさまのように、人間として生まれたことがあること
 
 
様々な魂修行を通して、人間は神さまに、神さまは更に上位の神さまに進化していけること
 
 
世界中の神仏の関係と、地球神のリーダー「至高神」の存在
 
 
全宇宙を創造された創造主(超宇宙意識)と地球の神仏との関係
 
 
地球には、地球全土の文明に責任を負っている中央官庁的霊系団、各国家を指導している民族神等、多くの部署があり、それぞれが切磋琢磨しながら人類を指導していること
 
 
 
等々、今まで謎とされてきた神秘のベールが剥がされつつあります。
 
 
21世紀は、霊界の構造が明らかにされていく時代になると思います。
 
 
そして、天上界から降ろされる、多くの人間性の向上の思想により、人類は、その考え方を 仕事や家庭の中に活かし、大きな成果をあげていくようになるでしょう。
 
 
そして人類の精神性(霊性)が向上していくに従って、神さまは霊界科学という大鉈(おおなた)をプレゼントして下さるようになると思います。
 
 
なぜならば、霊界科学は、諸刃の剣であるからです。
 
 
現在の地球は、科学を進化と調和の融合に使うのではなく、戦争にも使用しています。
 
 
精神性が未熟なうちに更に高度な科学技術を与えてしまうと、人類が滅んでしまう可能性が大きいのです。
 
 
しかし、人々が確固とした宗教的観念、道徳的観念を持てるようになれば、諸刃の剣ともいうべき科学が、人を活かす刀、活人剣(かつじんけん)となっていくでしょう。
 
 
宗教と科学(神秘主義と合理主義)が融合する時代。
 
 
これが、神さまが人類に期待している問題集なのだと思います。